• 山の芋のご購入はこちら
  • 山の芋 おてがるレシピ
  • 栄養たっぷり 山の芋の魅力
堤さんのあれやこれや
  • 芋作り私の想い
  • 毎日が勉強です!栽培法にこだわる
  • 堤さんブログ 畑の気持ち

芋作り私の想い

最高の山の芋を食卓に届けるために

山の芋を掘り起こす作業

私の芋作りに、信念とかポリシーとか、そんな難しいものはないんですが、自分の育った地で作られてきたものを、自分の手で作って、自分でお客さんに届ける、これが自分に出来る全てだと思っています。

山の芋の畑

食べてもらう人に安全・安心を届けるのは当然ですが、食べて“幸せ”と感じられる、そんなものづくりをしたいと、毎日がむしゃらに挑戦しています。 お客さんが何も考えずに口にできる、言葉を使わなくてもおいしさが伝わる、そんな芋が作れたらええなと思ってます。

一つの芋に全てを注いで

山の芋を掘り起こす

山芋は、種芋一個につき、一個しかできません。一つ一つが子どもみたいなもんなんです。だから、かかる手間を面倒とは思いません、全部愛情を込めてやってるんです。親が子にしてやるように、当たり前のことをやってるつもりです。

だから、「山の芋」が美味しかったと言ってくれた時は、本当にうれしい。芋が子どもも同然なら、自分の分身みたいなもんやから。自分自身の全てを注いだものが認められるんやから、こんなうれしいことはないですよ。

そうやって全身全霊で芋にぶつかって、そしたらそれがお客さんにも伝わって、お客さんが芋を通して、私という人間を信用してくれるようになったら、なおさら手なんか抜かれへん。

地に足つけて、しっかりと一歩一歩。芋を食べてくれはるお客さんと一緒に「山の芋」をもっといろんな人に知ってもらえるように進んでいくつもりです。

堤社長
このページトップへ